ドナドナされるプログラマのメモ

Windows用アプリのプログラミングメモ

廃プラからガソリン等の軽質油を作り出すはずだった日本理化学研究所のその後

日本理化学研究所が開発した、クラタ式油化還元装置という廃プラを一瞬にして灯油にしてしまう装置について調べてみた。

背景

この装置を知ったきっかけは、「トンデモ本の世界R(と学会)」だ。同P140にて紹介のある「水を油に変える技術(倉田大嗣 )」には、電磁波を用いて低温でプラスチックを分解でき、プラスチックを投入してから3秒で精製済み灯油が出てくる倉田式廃プラ油化還元装置について書かれているそうだ。この装置は安来市からの廃プラを毎日15トン処理しているという。

しかし、だ。なんか、最初から最後までおかしい気がする。

1. 電磁波を用いて低温でプラスチックを分解することは可能かもしれない。しかし、プラスチックの分子を軽油程度の分子にまで分解するためには断ち切ったプラスチック分子の端っこに水素原子等を付ける必要がある。この水素はプラスチックの外から供給する必要があるため、反応はプラスチック塊の表面から始まるはずだ。そのため、3秒なんて超高速反応をするにはプラスチックを粉末にする必要がある。しかし、同書いわく「ポリ袋に入ったままのゴミ」でいいらしい。マジ?

2. 廃プラには着色料等の不純物が混じっている。これらは塩素や硫黄などの原子を含んでいるため、油化する際には除去し、別途廃棄する必要がある。しかし、開発者によるとそのようなものは出ないらしい。マジ?

3. 安来市からの廃プラを毎日15トン処理する、とあるが安来市の人口は4万人弱。毎日、一人あたり400gものプラスチックを捨てている計算になる。マジ?

そこで、この装置の実態を調べてみた。

調査結果

本装置の導入日時やウリは、戸田市議会 平成7年3月定例会(第2回)の山崎卓美議員発言や、前橋市議会 平成5年第3回定例会(第3日目)の浦野紘一議員発言、野田市議会 平成7年3月定例会の戸辺栄一議員発言に詳しい。また水を燃やす技術(倉田大嗣)によると、本装置を開発した日本理化学研究所は倒産したが、現在は日本量子波動科学研究所として復活している。そして平成23年(ワ)第15033号 保証金返還等請求事件に装置の実態が書かれていた。大阪等に導入された装置の顛末や装置の課題については、出典不明だがダイオキシン関西ネット/第28号にある。以下、実態及び時系列についてまとめる。カッコ内は参考文献。

・実態

  • 3cm角大に砕いたプラスチック片を装置に投入すると、3秒~10秒程度で精製された灯油が出てくる(3秒:安来市戸田市議会議事録)(10秒:’93廃棄物処理展、前橋市議会議事録)。上記にように第3者による報告でも粉末にはしていないが、袋に入ったまま投入するわけではない。
  • 5種類の金属触媒と反応促進剤を用いて、 200度から 250度の低温で化学反応させ、冷却する。(前橋市議会議事録)
  • 出てくる灯油は熱い。(水を燃やす技術)ただし、反応炉内の油温は上がっていない。反応炉内に固形物は残っていない。(野田市議会議事録)
  • 反応剤、触媒などの費用は、廃プラスチック類1キログラムに対し7円から8円。他技術の1/10~1/100。(前橋市議会議事録)
  • 委託処理費用は1立米当たり3,500円。安来市の埋立処分地費用は1立米1万8,000円から2万円であるため、およそ1/5の費用となる。(野田市議会議事録)
  • 1キログラムの廃プラスチックから1.2リットルの灯油に還元。(前橋市議会議事録)なお、灯油の密度を0.8kg/lとすると1.2リットルの灯油は0.96kg。反応剤や触媒由来の炭素が無いならば、プラスチックの殆どが灯油になったことになる。
  • ガスおよび残渣が発生するが、密封循環式のため適切に処理可能。(前橋市議会議事録)
  • 安来市における平成2年の埋立処分量は386トン/月。一方、平成3年11月~平成5年8月の埋立処分量は17.7トン。(前橋市議会議事録)ただし、平成2年の埋立処分量は分別前のためプラスチック以外の全ての不燃ごみを含む。一方、平成3年11月以降は陶磁器・ゴム製品・電球・灰のみと思われる。前橋市議会議事録では油化還元により埋立量95.4%削減できたように読めるが、分別の効果も含まれていることに注意。なお、戸田市議会議事録では明らかに上記間違い(油化により95%削減)をしている。
  • プラスチックごみは、人口1万人あたり毎月1トン(戸田市議会議事録)。そのため、人口33,000人の安来市前橋市議会議事録)におけるプラスチックごみは3.3トン/月程度と思われる。すなわち、一日あたり110kg。1号機の時間あたり処理能力は不明だが、2号機は10kg/時(水を燃やす技術)。そのため、「毎日15トン処理している」はおそらく誤り。2桁ほど単位を過大に間違えた可能性がある。
  • 装置改造に関する消防認可にてトラブル。(水を燃やす技術)
  • ごみ処理業者とトラブル(水を燃やす技術)。ごみ処理業者が装置納入先の上幹総業か、他の業者かは不明。
  • 装置停止時に発生する塩素により配管に穴が開く。特殊金属製のため交換費用は5000万円。(ダイオキシン関西ネット)
  • 後継機はミニZ-Ⅱ。重油,廃油,廃プラスチック等を軽質油に変換できる。少なくとも、以下の発明が関与。特開2006-328338、特開2006-334505、特許第4129076号、特開2008-271996が関与。ただしこれら発明の権利は中国企業に譲渡済み。(平成23年(ワ)第15033号保証金返還等請求事件)
  • TBS「ニュースの森」、週刊朝日「夢のリサイクル装置のカラクリ」にてインチキと報じられる。
  • 特許は商品化してから(水を油に変える技術)。既に商品化しているのに特許を取らない理由は不明。
  • 論文は、学会の理解を得る時間がもったいないから書かない。(水を油に変える技術)
  • 信用できないからといって原理、理論を公表するつもりはない。(水を油に変える技術)

最後の3点がどうにもインチキっぽいんだよなあ。大抵の技術系詐欺はこの3点をセットにしてくる。数値の過大申告も詐欺系にありがち。また誤解を招く数値も詐欺でよくある。スリーアウトだよなあ、これ。

・時系列

  • 平成2年、安来市の埋立処分量は386トン/月。(前橋市議会議事録)
  • 平成3年7月、島根県松江市の上幹総業に第1号プラントを導入。(前橋市議会議事録)
  • 平成3年11月、安来市にて埋立処分場の無届け処理が発覚。(前橋市議会議事録)
  • 平成3年11月、安来市不燃ごみを1. プラスチックごみ、2. 陶磁器・ゴム製品・電球・灰、3.アルミ類、4. 空びん・ガラス等の4種に分別して回収開始。(戸田市議会議事録)
  • 平成3年11月?安来市はプラスチックごみの軽油化を上幹総業に依頼?
  • 平成5年5月、東京晴海の「'93廃棄物処理展」に出品。(戸田市議会議事録)
  • 平成5年9月、安来市の埋立処分量は平成3年11月~平成5年8月の平均で17.7トン/月。(前橋市議会議事録)
  • 平成6年6月?大阪市のジオメイク社に油化装置を納入(予定)。(地球を救う21世紀の超技術)
  • 平成6年?安来市は上幹総業との軽油化事業を中断。(水を燃やす技術)
  • 平成8年8月、週刊朝日に装置の暴露記事が掲載される。(水を燃やす技術)
  • 平成9年11月、日本理化学研究所名義の最後の出願。翌年5月の出願では会社名無し。この間に日本理化学研究所は倒産した模様。(特許庁
  • 平成10年秋、ジオメイク社は油化を断念。(ダイオキシン関西ネット)
  • 平成16年6月、倉田氏は日本量子波動科学研究所を創業し会長に就任。(人工光型植物工場・植物工場 index
  • 平成16年12月、倉田氏は株式会社Sun風の取締役に就任。(平成23年(ワ)第15033号保証金返還等請求事件)
  • 平成23年5月、倉田氏は死亡。(平成23年(ワ)第15033号保証金返還等請求事件)
  • 平成24年11月、日本量子波動科学研究所は油化還元装置(ミニZ-Ⅱ)を完成できず株式会社ニュー・テクノロジーとの訴訟に敗訴。4億5000万円の支払いを命じられる。(平成23年(ワ)第15033号保証金返還等請求事件)

倉田氏、亡くなっていたとは。ご冥福をお祈りします。

 

画面右下に出るクリックできないアイコンの消し方(NVIDIA GeForce Experience ステータスインジケーター)

画面右下に出る、クリックできない矢印が円を描いているアイコンの消し方を説明します。

f:id:donadonasan:20200910115203p:plain

画面右下に出る、クリックできないアイコン

これはNVIDIAGeForce Experienceというソフトが画面の録画状態を示すために表示しているアイコンです。これは、同ソフトのHUDレイアウト設定で非表示にできます(2020/09現在)。この設定を開く手順は2通りあります。まずは手順Aを試してみてください。うまく行かなかった場合は手順Bをどうぞ。

手順A ホットキーを使って設定を開くやりかた

1. AltキーとZキーを同時に押す。以下のような画面が出てきたらOK。出てこなかった場合は、手順Bを試してください。

f:id:donadonasan:20200910120232p:plain

GeForce Experience コントロール画面(仮称)

2. 設定アイコンをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120356p:plain

設定アイコン

3. HUDレイアウトをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120457p:plain

HUDレイアウト

4. ステータスインジケーターをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120545p:plain

ステータスインジケーター

5. オフを選ぶ。

f:id:donadonasan:20200910120643p:plain

ステータスインジケーターをオフにする

これで消えました。

手順B GeForce Experienceを起動して設定を開くやり方

1. 画面右下の通知領域よりNVIDIA設定を右クリックし、NVIDIA GeForce Experienceをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120854p:plain

NVIDIA設定

f:id:donadonasan:20200910121026p:plain

NVIDIA GeForce Experience

2. 設定アイコンをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910121332p:plain

設定アイコン

3. 「ゲーム内のオーバーレイ」の設定ボタンをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910121444p:plain

「ゲーム内のオーバーレイ」の設定ボタン

4. HUDレイアウトをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120457p:plain

HUDレイアウト

5. ステータスインジケーターをクリックする。

f:id:donadonasan:20200910120545p:plain

ステータスインジケーター

6. オフを選ぶ。

f:id:donadonasan:20200910120643p:plain

ステータスインジケーターをオフにする

これで消えました。

CAN dbcファイルのフォーマット (1/2)

CAN dbcファイルのフォーマットについて整理した。

dbcフォーマットの出典は下記ファイル。

http://read.pudn.com/downloads766/ebook/3041455/DBC_File_Format_Documentation.pdf

目次

  • 目次
  • 共通項目
    • オブジェクト
    • 書式の文法
  • DBCファイルの構造
  •  各項目の書式

 

続きを読む

Lenovo ThinkPad T14 Gen1 (AMD)にメモリを増設する手順

Lenovo ThinkPad T14 Gen1 (AMD)を買ったわけだが、自分の用途だとメモリが大量に必要なのに敢えて最小設定である8GBとしていた。これはLenovoでメモリ16GB機を購入するより、8GB機を購入してあとから8GB増設したほうが6000円~1万6000円安いため。

調べてみると、マザーボードに直接搭載されているメモリはPC4-25600だったので同じ性能のものを発注。先日無事にメモリ(PATRIOT PSD48G320081S, 8GB PC4-25600)が届いたので、増設した。

ThinkPadを選んだ理由の一つは充実したメンテナンスマニュアル。たかがメモリ交換とは思ったけどせっかくだしマニュアルを読んでみた。・・・お、初手から知らない手順がある・・・読んで良かった・・・。

以下、手順。

 

1. 高速スタートアップを無効にする

1.1 コントロールパネルを開く。

f:id:donadonasan:20200711122838p:plain

目視でコントロールパネルを探すのが面倒だったため検索している様子

1.2 コントロールパネルの表示方法を大きいアイコンまたは小さいアイコンに変更する。

f:id:donadonasan:20200711123300p:plain

コントロールパネルの表示方法変更

1.3 電源オプションをクリック

f:id:donadonasan:20200711123415p:plain

電源オプションをクリック

1.4 「電源ボタンの動作を選択する」をクリック

f:id:donadonasan:20200711123520p:plain

「電源ボタンの動作を選択する」をクリック

1.5 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

f:id:donadonasan:20200711123627p:plain

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

1.6 「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外す

f:id:donadonasan:20200711123852p:plain

「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外したところ

1.7 「変更の保存」をクリック。

以上で高速スタートアップは無効になります。

f:id:donadonasan:20200711123945p:plain

変更の保存ボタン

2. 内蔵バッテリの無効化

2.1 コンピュータを再起動し、Lenovoのロゴが表示されている間にF1キーを押してUEFI BIOSメニューに入る。

f:id:donadonasan:20200711125510p:plain

Lenovoのロゴが表示されている状態

f:id:donadonasan:20200711130503p:plain

UEFI BIOS メニュー画面

2.2 ConfigよりPowerをクリック

f:id:donadonasan:20200711131013p:plain

ConfigよりPowerをクリック

2.3 Disable Built-in Battery (和訳:内蔵バッテリを無効化)をクリック

f:id:donadonasan:20200711131127p:plain

Disable Built-in Batteryをクリック

2.4 Yesをクリックし内蔵バッテリを無効化する。

このとき、自動で電源も落ちる。

ダイアログ内の文章和訳:Yesをクリックするとシステムの電源が落ちます。このまま進めてよいですか?

f:id:donadonasan:20200711131244p:plain

Yesをクリックし内蔵バッテリを無効化する。このとき、電源も自動で落ちる。

2.5 内部部品の温度が下がるまで数分待つ。

以上で内蔵バッテリの無効化完了。

3. ベースカバーの取り外し

3.1 ノートPCから電源ケーブルを外し、ディスプレイを閉じる

f:id:donadonasan:20200711140351p:plain

解体準備の整ったThinkPad T14 Gen1 (AMD)

SIMカードを刺している場合は、外します。

3.2 裏返し、ネジを外す

正確には緩める。どのネジも紛失防止のため外れない模様

f:id:donadonasan:20200711140610p:plain

ThinkPad T15 Gen1 (AMD)の裏面 ネジを緩める場所

3.3 カバーを外す

コツを掴めば指の爪でも簡単にあけられる。マニュアルいわく、外すのは以下の順番。

f:id:donadonasan:20200711140801p:plain

カバー固定箇所と外す順番

開けるとこんなかんじ。

f:id:donadonasan:20200711141138p:plain

Lenovo ThinkPad T14 Gen1 (AMD) 内部写真

目についた主要部品たち。

f:id:donadonasan:20200711142354p:plain

Lenovo ThinkPad T14 Gen1 (AMD) 主要部品

搭載しているM.2 SSDSamsung PM991 M.2 PCIe Gen3 SSD。Gen4じゃないのか。ちぇっ。

それにしても高そうなファンである。フィンが高密度。

f:id:donadonasan:20200711143418p:plain

冷却ファン

なおカバーは放熱性向上のためか、銅でコーティングされていた。

f:id:donadonasan:20200711143528p:plain

カバー内側

4. メモリモジュールを装着

4.1 メモリモジュールをセット

メモリの切り欠きとコネクタの爪が合うようにメモリモジュールをセット。

f:id:donadonasan:20200711144337p:plain

切り欠きの位置

4.2 メモリモジュールを差し込む

レバーの幅広部分がメモリ側面の凹部に合う程度までメモリモジュールを差し込む。

f:id:donadonasan:20200711144531p:plain

メモリモジュールの差し込み

4.3 メモリモジュールを押し込む

レバーにより固定されるまでメモリモジュールを上から押し込む。

f:id:donadonasan:20200711144642p:plain

押し込まれ、固定できたメモリモジュール

5. もとに戻す

5.1 カバーを取り付け、ネジを締める

5.2 電源ケーブルを接続し、PCを起動する

5.3 メモリが増えたか確認する

f:id:donadonasan:20200711144912p:plain

メモリが8GBから16GBに増えました

5.4 高速スタートアップの設定をもとに戻す

f:id:donadonasan:20200711145109p:plain

高速スタートアップの設定をもとに戻す

なおバッテリは自動で有効に戻っていました。

以上。

Lenovo ThinkPadでBluetoothをつかったテザリングで「直接接続」しか選べない問題

Lenovo ThinkPadBluetoothを使ったテザリングをしようとしたけど、なぜか接続方法に「アクセスポイント」が無く、直接接続しか選べない。色々と調べたけど解決せず。そこで、古より伝わる「Windowsで困ったら再起動」を実行したら無事「アクセスポイント」が表示された。言い伝えは正しかった・・・

ThinkPad X240 vs ThinkPad T14 AMD

長年ThinkPad X240を使っていたがキーボードの調子が悪くなったので本体ごとThinkPad T14 AMDに買い替えたのでベンチマーク

 

ThinkPad X240 Core i5-4200U (2 Core 4 Thread 2.3GHz)

CINEBENCH Release 20: 473 cb

FinalFantasyXIV (ノート:標準品質) 1156

 

Thinkpad T14 AMD Ryzen 5 PRO 4650U (6 Core 12 Threads 2.1GHz)

CINEBENCH Release 20: 2223 cb

FinalFantasyXIV (ノート:標準品質)  2657

 

CPU性能を素直に反映するであろうCINEBENCHを見ると、コア数は3倍だけどスコアは4.7倍。素晴らしい。

グラフィック能力が関係してくるだろうけどコア数はあまり関係なさそうなFinalFantasyXIVはスコアが2倍。これも自分の用途なら十分。いいな、このThinkPad

さっそく開発環境をどんどん入れよう。